胸にひそめた、私的もののあはれ等。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 (H14の卒業論文より。僭越ながら、これからこの作品を研究する方々の、一助にならんことを願う。)


 太宰治の『ヴィヨンの妻』。

初出は、筑摩書房発行の月刊総合雑誌「展望」3月号、昭和22年3月1日付発行の、92頁~115頁「小説」欄に収載である。「展望」は昭和20年の12月25日に創刊号が発行され、戦後の創刊雑誌としては、「新生」(総合雑誌、昭和20年11月創刊、新生社発行)に次いで2番目であった。それから昭和26年9月までの69冊が第一次発行で、第二次は昭和39年10月~昭和53年8月(167冊の、通巻236号)である。

 第一次の編集者は臼井吉見で、後に加わった唐木順三、中村光夫らと合議しつつ「自分の作りたい雑誌、自分の読みたい雑誌をつくりゃいいんだ」という強いポリシーを貫き、単行本と雑誌の中間的性格を示す意欲的な編集を続けた。この「展望」への『ヴィヨンの妻』の発表に関して、以下に挙げる太宰の書簡に、執筆経緯と注釈を見ることができる。


 『一二月頃から「展望」の百枚くらゐの力作小説に取りかかるつもりです。田舎にゐると、周囲が陰ウツですから、暗いものばかり書くやうになります。』

 昭和21年10月24日、青森県金木町、津島文治方より、東京都目黒区緑ヶ丘2321、伊馬春部宛のはがきの一部。
 次に、

 『毎日たいへん疲れて、それにお客がずゐぶん多くて、小田原へおたづねするのも、ついのびのびになつてゐるのです。きのふから「ヴイヨンの妻」といふ百枚見当の小説にとりかかつてゐます。一月十五日までに書き上げなければならず(展望といふ雑誌)いま近くに仕事部屋を借りて仕事をしてゐます。もし東京へ出かけられる時があつたら、ついでにお寄りしてみませんか。』

 昭和21年12月(日付不詳)、東京都下三鷹町下連雀113より、神奈川県足柄下郡下曽我村原、大雄山荘、太田静子宛の手紙の一部。
 更に、

 『拝復 「父」はそんなにほめていただける作品でないんです。「父」を読んで下さつたら、ついでに、ぜひ、「ヴイヨンの妻」といふのを読んで下さらなくてはいけません。「ヴイヨンの妻」は、「展望」三月号に載つてゐます。「父」と一脈通じたところもありますが、本気に「小説」を書かうとして書いたものです。終戦後、私の小説のうちで一ばん長い小説です。展望はもう出てゐますから、何とか入手して読んでみて下さい。』

 昭和22年4月30日、東京都下三鷹町下連雀113より、東京都目黒区緑ヶ丘2321、高崎英雄(伊馬春部)宛はがきの一部で。(以上3通の書簡は、『太宰治全集11巻』筑摩書房、1991年3月発行を参照。)

 
 まず、1通目の伊馬春部宛の書簡については、青森県金木町は太宰の実家がある所で、津島文治は、本名が津島修治である太宰治の長兄に当たる。度々太宰の作品中にも描かれ、当時衆議院議員であった。昭和21年10月24日当時の太宰は、終戦後未だ実家に疎開滞在中であり、3日後の10月27日に祖母イシ(同年7月4日死去)の、東京から帰郷する長兄を待った後での遅れた葬儀を控えていた。「周囲が陰ウツ」とはこの状況の為であろう。

 この時点に於いて太宰は『力作小説を書く』と発言している事から、作品の構想は有ったものと伺える。そしてこの葬儀が終われば、太宰は東京に移住することにしていた。同年11月14日に上京、妻子と共に住む東京都北多摩郡三鷹町下連雀113の家とは別に。三鷹町下連雀306の中鉢運作宅に、11月25日から仕事部屋を借りて、弁当を持って通い、朝10時ごろから午後3時頃まで執筆をした。

 2通目に挙げた太田静子宛昭和21年12月頃の書簡の内容が、この状況と一致する。即ち『ヴィヨンの妻』は、この仕事部屋で執筆され、同年12月頃から翌昭和22年1月15日頃に書きあげられたものと考えられる。


スポンサーサイト

FC2blog テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2013/04/03 23:27】 | 太宰治『ヴィヨンの妻』研究 -現代への視点と解釈-
トラックバック(0) |
 上京後の太宰の様子は、作品『朝』(『新思潮』昭和22年7月号に初出)に伺える。引用すると、

 『私は遊ぶ事が何よりも好きなので、家で仕事をしていながらも、友あり遠方より来るのをいつもひそかに心待ちにしている状態で、玄関が、がらっとあくと眉をひそめ、口をゆがめて、けれども実は胸をおどらせ、書きかけの原稿用紙をさつそく取りかたづけて、その客を迎える。
 「あ、これは、お仕事中ですね。」
 「いや、なに。」
 そうしてその客と一緒に遊びに出る。
 けれども、それではいつまでも何も仕事が出来ないので、某所に秘密の仕事部屋を設けることにしたのである。それはどこにあるのか、家の者にも知らせていない。毎朝、九時頃、私は家の者に弁当を作らせ、それを持ってその仕事部屋に出勤する。さすがにその秘密の仕事部屋には訪れて来るひとも無いので、私の仕事もたいてい予定どおりに進行する。しかし。午後の三時頃になると、疲れても来るし、ひとが恋しくもなるし、遊びたくなって、頃合いのところで仕事を切り上げ、家へ帰る。帰る途中で、おでんやなどに引っかかって、深夜の帰宅になる事もある。 
 仕事部屋。 
 しかし、その部屋は、女のひとの部屋なのである。その若い女のひとが、朝早く日本橋の或る銀行に出勤する。その後に私が行って、そうして四、五時間そこで仕事をして、女のひとが銀行から帰って来る前に退出する。』

(引用底本は『グッド・バイ』(昭和47年7月発行、新潮社)収録の『朝』。)



  又、この頃の太宰と妻子の貧乏な様子が、次に挙げる書簡で推察できる。

 『けふは一つ御願ひがございますのですが、日頃の放漫政策がたたつて、年末に相成りますと甚だ窮し、「津軽」の約束のしるしといふ名目(名目はどうでもいいんですけど)とにかく、印税の内から二千円ほど所謂越年資金として、いただく事が出来たら、この急場を切り抜けられるやうなんです。何だかこちらへ来て、家の手入れなどしてゐるうちに案外なほどお金がかかり、御無理を承知で、汗顔ながら御助勢のほど、たのみいります。もちろん、これは所謂越年資金で、これ一回だけの御願ひで、あとは本の出来上るまで絶対にこんな厚かましい事は御願ひ致しませぬゆゑ、どうか、このたびだけ御聞きとどけ下さいまし。

 ―中略―

 私が参上してお願ひすべきですが、お金を持つて帰宅の途中に於いて、酒の店などにちよつと立寄りせつかくの越年資金もなんにもならなくなるおそれもございますので、知合ひの学生さんに行つてもらふ事にいたしました。』

 (昭和21年12月24日、東京都下三鷹町下連雀113より、東京都麹町区代官町1、前田出版社内、真尾倍弘宛)


 更に、作品『桜桃』(雑誌「世界」昭和23年5月号に初出)では次の様な描写がされている。

 『子供が三人。父は家事には全然、無能である。蒲団さえ自分で上げない。そうして、ただもう馬鹿げた冗談ばかり言っている。配給だの、登録だの、そんな事は何も知らない。全然、宿屋住いでもしているような形。来客。饗応。仕事部屋にお弁当を持って出かけて、それっきり一週間も御帰宅にならない事もある。仕事、仕事といつも騒いでいるけれども、一日に二、三枚くらいしかお出来にならないようである。あとは、酒。飲みすぎると、げっそり痩せてしまって寝込む。そのうえ、あちこちに若い女の友達などもある様子だ。』

 (引用底本は『ヴィヨンの妻』単行本(昭和25年12月発行、新潮社)に収録の『桜桃』。)



 つまり、以上の資料から、太宰は先の太田静子宛の書簡に書いたように「毎日たいへん疲れて」いながら頻繁の来客を饗応し、酒にお金を使い込み、年末に家庭の経済状況を逼迫させていた。その状況で『ヴィヨンの妻』を書いていた事が分かる。

 又、昭和22年4月1日付発行、雑誌『人間』4月号に初出の作品『父』(昭和22年2月19日までに脱稿)や、同年7月10日付発行の『新思潮』に初出の『朝』(昭和22年6月頃脱稿)、同年10月1日付の『改造』10月号に初出の『おさん』(昭和22年7月中旬~下旬まで頃に脱稿)、これらの作品に描写された内容と、『ヴィヨンの妻』が仕上がる前の昭和22年1月6日に、太宰の後の愛人、太田静子が初めて三鷹にある太宰の仕事部屋を訪れている事を考慮しても、『ヴィヨンの妻』執筆期前後に妻以外の女性の影があったと思われる。

 作品と実生活を安易に直結させることはできないが、前記の12月24日付の真尾倍弘宛書簡中に訴えられた太宰の家庭の年末に於ける困窮、手紙の中のキーワード「日頃の放漫政策」「印税」「越年資金」、これらは、『ヴィヨンの妻』作中の、大谷の家庭に当てはまる。それに、『父』『朝』『おさん』と、『ヴィヨンの妻』は、類似・共通した生活状況をモチーフとしている。

 つまり『ヴィヨンの妻』は、従来の私小説的手法を応用しつつ、昭和21年12月~同22年1月15日頃の、太宰の実生活に基づいて執筆されたと考えて良かろう。もう一つ大きな外部要因として、終戦直後の世相の混沌や、市街で暮らす一般人間の生活感がある。世相を下敷きに、前述のキーワードを含め、実生活の貧窮、家庭への愛情と反目等を強固な骨子として、太宰個人または、妻子の切羽詰まった情感と、家庭生活上の明暗の色彩を、作品全体へ塗り込んでいったのだ。

 『ヴィヨンの妻』発表後、3通目に引用した昭和22年4月30日付の、高崎英雄宛書簡の中で、太宰が「本気に『小説』を書かうとして書いたものです。」と発言している事でも、本作に対する意気込みが伺える。なお太宰治38歳の時の制作である。

 
 収録としては昭和22年8月5日付で単行本『ヴィヨンの妻』(『男女同権』『親友交歓』『トカトントン』『メリイクリスマス』『母』『父』『ヴィヨンの妻』らが収録)が筑摩書房より刊行。詳しくは後程記載する「参照・資料編」に掲載する。


FC2blog テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2013/04/03 06:11】 | 太宰治『ヴィヨンの妻』研究 -現代への視点と解釈-
トラックバック(0) |
 
 謎の多い詩人、フランソワ・ヴィヨン(1431年~没年不詳)はフランスのパリに生まれた。その生涯のあらましを追ってみる。

 
 幼少時代甚だ貧乏な家庭に在り、父を亡くし、母の元を離れて権力者、聖ブノア共同信徒団の御堂附司祭ギョーム・ド・ヴィヨンの養子となる。このギョームの家でフランソワは裕福な少年時代を過ごした。折しも当時パリでは「百年戦争」の真っ只中であり、その混迷と騒乱を処女詩集「形見」で回想している。後年、パリ大学に入学し所定の学科を修了した後、1449年に「得業士」の試験に合格。1452年に「文学士」号を得る。その頃フランソワの生活は乱れ始め、悪の世界に足を踏み入れるきっかけとなったのが1455年6月、フランソワが25歳の時の刃傷沙汰であった。修道士くずれのフィリップ・セルモアが唐突に短剣を抜き、喧嘩を売って掛って来た為、短剣で斬り返し、石でフィリップの頭を撲りつけ、3日後に死亡させてしまったのである。直後フランソワはパリから逃亡、放浪生活に入る。この放浪の時期、彼がどういう生活をしていたのかは不明である。東北フランス一帯に脅威を与えていた盗賊団コッキュ党と何らかの関係を持った可能性があると言う。彼が詩の中でコッキュ党の隠語を使っているためだ。フランソワが盗賊団の党員であるという確証はないが、1456年に起ったコレージュ・ド・ナヴァール侵入事件の手口とコッキュ党の犯行手口は、全く一致していた。


  1456年、キリスト降誕祭の前夜、フランソワはコッキュ党でも名の知れた党員コラン・ド・カイユーの他に、いかさま修道僧ダン・ニコラ、プティ・ジャン、文学士ギー・タバリーの5人と共に、パリ大学神学部の所在するコレージュ・ド・ナヴァールに侵入し、その御堂の内に据えてあった大櫃の錠前を破り、中から公金私金合わせて、金500エキュを盗んだ。しかしフランソワは一味の手引きを務めたに過ぎず、タバリーは外にいて見張りをしていたので、実際の仕事は錠前破りの名人と言われたプティ・ジャンと、パリの錠前造りの倅であるコランと、ダン・ニコラの3人によって行われたとされる。この窃盗の手口はかなり巧妙だったものと見え、コレージュの人々がそれに気付いたのは3ヶ月後であり、犯人の名前とその行動全てが明らかにされるのは、それから更に1年以上後、1458年5月、ギー・タバリーが逮捕され、何もかも喋ってしまってからであった。しかしその頃にはフランソワは、詩編「形見」中、ナヴァールに侵入したその同じ日付で『いざ、さらば!おれはアンジュに向けてゆく』とある様に、パリを脱出して放浪に出ていたようだ。



FC2blog テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2013/04/02 23:39】 | 太宰治『ヴィヨンの妻』研究 -現代への視点と解釈-
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。