胸にひそめた、私的もののあはれ等。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


知性とは、試されることである。』

人生における一つの答えとして、私はこの言葉を用意した。




『最勝の善身を徒らにして露命を無常の風に任すること勿れ。無常憑み難し、知らず露命いかなる道の草にか落ちん。』


引用した古文は、道元師の「正法眼蔵」の要点をまとめた、「修証義」からである。

今昔を一貫して、人間の命は一度きりであり、その上、いつ何が起こるか、何に出会うか分からないような不確実性・多様性・雑菌性の中を、日々生きている。

感情はどうあれ、生まれたら、死ぬまで生きていることになる。

それならば、まぁ少しでも良い人生を送ろうと思うのが人情。

するとどうしても必要になってくるのが、知性だ。

しかし構えることもなく、これはとてもシンプルで、人間ならだれしも獲得できる本能的なものであり、人の人たるゆえんでもある。


『七歳の女流 (にょりゅう)なりとも即ち四衆の導師なり』 

(相手が7歳の幼女であっても、人として学ぶものがある) / 修証義より

知性を磨くことは、学ぶこと。上記に有るような、やわらかい心で学ぶこと。

やわらかく学べば、種智が円かになってくる。


しかし、知性だけでは、足りない。



知性とは、試されること』 - 

知性を磨くことは、生の源泉だ。そうしたら試されることとは、どういうことか。

人間には体がある。これが全てだ。 思いのまま運動せねばならぬようになっている。

もし人間が、”考えるだけ”で事足りるならば、自然の摂理上、”頭”の部分だけ存在すれば良かったはずだ。


残念ながら、首から下には体がついている。

口だけ動かす人は、一般的に、”口ほどにもない人”と揶揄される。

口ほどにもない人は、自分自身のことが学べていないと思う。

自戒を込めて、絶対こうならないように心がけたい。


この点においても運動に反映されることとなる。すなわち、「試されている」。 

生きて死ぬことは、未知の事象に試されることであり、宿命的に、受動詞である。


しかし、「試されている」 と自覚することで、それは能動詞に変わる。
引き受ける時点で、能動だから。


ある日じんわり降って沸いたその確信が、私にとっての生の源泉であり、

無自覚の内にも、このブログを綴る際、一貫して底流するであろう、テーマだ。














スポンサーサイト

FC2blog テーマ:雑記 - ジャンル:日記

【2011/03/29 00:10】 | ごあいさつ。当ブログへようこそ。
トラックバック(0) |
日常Inputしたものを、Outputするための場とします。

いちど頭にいれたものを、まとめ、整理していくためのブログ。

第一義は、自分自身のため。

第二義として、たまたまお読み下さる方への、何がしかのお役にたてれば、と。

読書するなかで、気になったところをメモする手書きノートが、2年間で、3冊目になりました。

それでは、宜しくお願い致します。 

                              恐々謹言 








FC2blog テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

【2011/03/26 03:00】 | ごあいさつ。当ブログへようこそ。
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。