胸にひそめた、私的もののあはれ等。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下、『歴史とは何か』 E.H.カー著(清水幾太郎訳 岩波新書 2015.9.4再版)P48〜49より。


『私たちはしばしば歴史のコースを「進行する行列」として論じます。まあ、この比喩は結構なものでしょう。但し、この比喩に誘惑されて、歴史家が、聳え立つ岩角から四方を見渡す鷲やバルコニーに立つ重要人物のつもりになるようなことがないとしての話であります。それはとんでもないことです。歴史家もまた同じ行列の別の部分に加わってトボトボと歩み続ける、もう一人の影の薄い人物にほかならないのです。それに、行列がうねって、あるいは右へ、あるいは左へと曲がり、時には逆戻りするのにつれて、この行列のいろいろの部分の相対的な位置が絶えず変化しますから、例えば、一世紀前の曾祖父よりも今日の私たちの方が中世に近いとか、シーザーの時代はダンテの時代よりも現代に近いとか、そう言うことが多いに有意味かも知れないのです。行列―と一緒に歴史家―が進むにしたがって、絶えず新しい展望が開け、新しい視角が現れて参ります。歴史家は歴史の一部なのです。現に歴史家が立っている行列中の地点が、過去に対する彼の視角を決定するのです。この公理は、歴史の取扱う時代が彼自身の時代から遠く距っている場合でも同じように通用するものであります。』


ここでは使命あるプロの歴史家論だと思いますが、歴史に学ぶ一般人にも通じる話で、さらに歴史を、主体的に学んでいる自覚のない勉強家や評論家にも通じる。

私がひとり心の中で標榜している指針の言葉がいくつかあるのですが、
その中のひとつに、【死屍累々の途(みち)】というのがあります。

端的にいうと、頭でっかちで終わる道です。ロジックはロジックであり、それ以上でも以下でもありません。知識をOUTPUTして活かさない、かつ自己を戒めない。世の中、身近に頭の良い人、鋭い評論をする人、博覧強記の秀才はたくさんいます。しかし一生何も行動なく考えているだけでは、結果的に何も考えて居なかったひとと同じです。何か形に残さない限りは。
身近でそういうタイプの人を見るといつも、「ああ、この人も死屍累々の途か」と心のなかで呟きます。

つまり歴史に学ぶとは、ひとつの見方として、死屍累々の途に向かって「進行する行列」に、加わらないことじゃないのかと私は思っています。悪い過去は繰り返してはならない。大きく言えば過去の戦争も繰り返してはならない。死屍累々の途に向かって「進行する行列」の人には(E.H.カーの言葉をもじれば、同じ行列に加わってトボトボと歩み続ける、影の薄い人には)、最近ツイッターが格好のツールのように思います。思弁を世間に流し、あたかも世の中に影響を与えることが可能のように錯覚する。匿名性も武器です。だから見事に、そういう人のツイートは偏向している。特徴的なのは、学者や著名人の説をリツイートしまくる。自分の主張として刷りかえる訳ですね。でもそこは仮想空間、疑似脳内。いうほどの運動エネルギーは生まれない。日々膨大な言葉と時間だけが流れていく。そう、時間だけが流れていきます。生身の体は老いていきます。


『利発は分別の花、花咲き、実ならざる類多し。』  by 鍋島直茂



今なにをするべきか、の問いは歴史家固有のものではありません。人間の普遍的な問いです。
そのヒントは過去の歴史、俗な言い方だと他人の歴史に学ぶ事。ものを知っているだけでは死屍累々の途。

ちょうど読んでいた本のフレーズ「進行する行列」と、思考がリンクしたので珍しく語ってみました。(笑)私にとっての「今なにをするべきか」は、歴史関係では来年も企画の形として、ネット上ではなく現実社会に顕現します。後の褒貶は他人の主張です。


もう一つ、言葉を紹介しておきます。

『昔と今って、繋がってる。私がよく申します。何のために歴史を勉強するの? 今日のことを勉強する。今日の事を勉強するために、歴史を勉強しないと、明日どうしていいか分からない。それが歴史なんですね。』

/ 「城あれこれ」− 杉谷昭 
『鍋島閑叟―蘭癖・佐賀藩主の幕末』 (中公新書) 新書 – 1992/3刊著者。
佐賀城本丸歴史館初代館長。若い人へ向けての”寺子屋講話”)

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2015/11/23 11:54】 | 歴史のこと
トラックバック(0) |

またもや訃報である。
今度は昔お世話になった外科医の先生。50歳に至ってないのではないか。
あんなに元気だったのに。信じられずネットで検索するが(それなりに名が在る人であったので)詳細不明。

しかしね・・先生と懇意の人から電話があったので、まず間違いはなかろう。

今度、みんなで墓参りにでも行くかね、というお誘いでもあった。
墓参り・・・って。亡くなられたのは昨年11月、ガンとの事。マンションは内縁の奥さんに譲渡されたそうである。
つまり死期を悟っていたという訳か・・。

早すぎる訃報。今と同じ、当たり前の時間、というのは有限なのだなぁと、改めて思う。新年。

FC2blog テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

【2014/01/11 22:21】 | 歴史のこと
トラックバック(0) |
(プロット)

 瞬く間に肥大化した領国は遂に五ヵ国に跨り、その経略に追われる日々となった龍造寺家の家宰、和泉守長信
街道を一望できる高所に聳え立つ峻厳の山城、多久梶峰城に籠り、一人思案を重ねる。果てはどこまで行くのか、我が兄上、隆信殿の勢力。とにかく兄上は、即断即決である。敵方がまさかと思う間に、軍勢を動かす。目下は須古城に遊ばして、英気を養われて居る様子。素行がお宜しくないと聞き及ぶが、如何であろう。神経質な所のある兄上ゆえ、心底は油断されて居られまい。抜け目ない大友宗麟も、隙有らば肥前の国人共と書簡を往復させている。

 此処、多久の地は今や一大物流拠点となった。領国各地から様々な物資が集まってくる。来たるべき戦に備え、常に軍備を補強せねばならない。特に力を入れるべきは、種子島。もはや戦の趨勢は火力で決まる事、歴然としている。どれだけ鉄砲の数を揃えられるかで、我々の命運が決まる。軍需物資の調達については、すでに海外と交易する道を探るべく、家臣を支那へ派遣した所だ。

 長信は深呼吸をして、城を包む森の新緑に目を遣った。肌を撫でる風は寒いが、そろそろ春が芽吹いている。さぁ、今年は良い一年になるはずだ。長信はゆっくり大きく背伸びをし、両手で大きく円を描くようにして肩の疲れを解した。軍事の事はまた別の機に・・、と思ったがやはり気に掛り、思念が頭から離れない。

 槍の製造などについては、悉く塗金を施し、我が軍の威厳を高める効果を図った。この黄金に輝く槍隊の大軍が前へ進めば、必ず敵の気持ちは委縮するであろう。その眩さはさながら、日足を見るが如し。その創意工夫は、九州制覇に懸ける、長信渾身の思いであった。兄上の更なる飛躍を、儂は後方から力強く支えなければ。

 長信は、今この一時の平穏は、すぐに破れるものと経験的に知覚している。いつ、須古の兄上から陣触れの御達しが来るかもしれぬ。いつでも迅速に大量の軍事物資を動かせるようにしておかねばならない。

 と、思案に暮れる間に、嫡男の家久が廊下をばたばたと踏みならし、慌ただしく駆け寄って来る。

「父上!!取り急ぎの知らせ是有り!」

「何事じゃ。」

「薩摩、島津の手勢肥後より海を渡り、島原の南へ上陸した由!」


「何と・・・・。」



 泰平に思われた肥前。その春暁は、この一報で見事に蹂躙された。
長信は、無念を覚えた。いざ日頃の備えが活きる事態に在りながら、余りにも早く勃興した動乱を疎ましく思った。

 我々には、休まる日々は、無いのだ。






FC2blog テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2013/06/27 01:35】 | 歴史のこと
トラックバック(0) |
★開催決定です★


佐賀の戦国史1




■ 佐賀の戦国史 番外篇 「1から始める龍造寺史」 ■


■日時: 平成25年 8月4日(日) 13:00 ― 15:00  
■会場: 佐賀城本丸歴史館 外御書院 二ノ間・三ノ間

■資料代: 無料 (佐賀城本丸歴史館の入場料は無料です)


■講師: 中西 豪  
     ( 作家・歴史家 学研M文庫『史伝鍋島直茂』著者
       学研の歴史関連雑誌に記事執筆多数 )



■後援: 佐賀新聞社 
      佐賀県立佐賀城本丸歴史館 


■佐賀城本丸歴史館HP告知
http://sagajou.jp/event/kokuchi.php?n=247

■佐賀県庁HP 行事予定告知
http://www.pref.saga.lg.jp/web/calender.20130801.2796191.html

 
 中世から戦国時代の九州の情勢と、龍造寺氏の興りについて、
基本的なポイントを解説します。初歩的なお話となりますので、
最近龍造寺氏、鍋島氏に興味をもたれた方も、お気軽にお越しください!
 

 最後の30分は質疑応答の時間を取ります。


twitterアカウント:  sagasengoku
お問い合わせはコチラ: sagasengoku@live.jp




 今回は、第一回で100枚近く集まったアンケート中「初心者に向けての講演会をして欲しい」+「質疑応答をして欲しい」というご要望に応える形で決定しました。第ニ回は、先に秋口に計画中のため、今回は番外篇とし、無料です。

 武将キャラクターの登場は今回、お休みです。

 追って、新聞紙面上や、歴史雑誌上、市報紙面上などに告知が載ると思いますので、宜しくお願いします★


                                      佐賀戦国研究会




★詳細チラシ設置処一覧 ↓↓


★2013 6/7 現在、渡し済★

【佐賀】

・佐賀城本丸歴史館  
・佐賀県立博物館・美術館
・佐賀県立図書館
・佐賀市立図書館
・佐賀県 元気ひろば(佐賀県庁内)
・佐野常民記念館
・さがレトロ館

・佐賀市立東与賀図書館
・佐賀市開成公民館・図書館
・佐賀市嘉瀬公民館
・佐賀市赤松公民館
・佐賀市西川副公民館
・佐賀市中川副公民館
・佐賀市南川副公民館
・佐賀市本庄公民館

・宝琳院 (告知支援)




追って更新します。


FC2blog テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2013/06/07 23:04】 | 歴史のこと
トラックバック(0) |

佐賀県近世史料第1巻(直茂公譜)に、あの関ヶ原の時の記述があります。
以下、簡潔訳です。




直茂公譜考補十、関ヶ原(P.786~)

 慶長五年正月。
龍造寺高房・鍋島直茂・勝茂は大阪で年を越す。
この年の夏、上杉景勝が領地にひきこもり反逆の由、堀越後守より飛脚が来る。
退治すべしとて豊臣秀頼の名代・徳川家康、6月中旬大阪を進発。

 
 この時鍋島直茂もお供したいと申し出たが、家康曰く「今は天下危急の時、九州の事が心元ない。直茂殿は急ぎ佐賀へ下り、黒田如水と申し合せ、九州を守って欲しい」と。加藤清正も同じく家康に下向を指示された。

 鍋島直茂は、龍造寺高房・鍋島勝茂に、徳川方として関東へ行くよう指示を出し、6月15日に大阪を出立、下国する。この時、葉次郎右衛門を徳川家康に遣わし「この度私は厳命を任され本国へ下ります。関東へのお供には高房・勝茂を出陣させますので宜しくお願い致します。」と言上させた。

 また、牟田大蔵を本願寺准如へ遣わし、「私は家康様の仰せで本国へ下り、高房と勝茂は関東へ出陣します。ついてはその後、もし伏見大阪で騒乱が起こった場合、妻子たちを御寺で預かって頂けないか」と伝えた。

 准如上人は委細承知した。(しかし実際、妻子を預けるには至らなかった。)

 
 龍造寺高房・鍋島勝茂は徳川方加勢のため近江(滋賀県)の愛智川まで出陣し、すこし行軍を止め徳川軍を後から追う形となった。

 この間に石田正澄(三成の兄)が愛智川に関所を構え、関東へ向かう者を1人も通さなかった。これにより止むを得ず高房・勝茂は大阪へ引き返す事になった。

 8月。

 龍造寺高房・鍋島勝茂の軍勢は西軍として伏見城を攻略、その後伊勢の安濃津城を攻略した。その時、関ヶ原で一戦あり、西軍が敗走したとの知らせが飛ぶ。龍造寺家は危急存亡の時であった。

(関ヶ原の大戦はたった1日で決着)

  
 戦後処理である。井伊直政、本多正信、円光寺佶長老などの取持ちにより、鍋島直茂の忠誠に対して御赦免があり、同時に柳川の立花宗茂を成敗するよう厳命が下った。

 8月26日から27日。

 鍋島勝茂は一党引連れて佐賀へ下国。戦後処理の結果は先に直茂に知らせを出した。この時龍造寺高房は、徳川家康の命で大阪へ留まった。


――――――――――

 さて関ヶ原の時、佐賀の鍋島直茂のこと。高房・勝茂が西軍として伏見城・安濃津城を攻陥し、松坂城を攻めているとの知らせに仰天。急ぎ下村左馬助を勝茂へ遣わした。

 直茂曰く「まず事情をよく考えると、大阪で西軍が決起したのは、幼い秀頼君の裁量では無い、ひとえにあの奉行たちが私怨を晴らす為に徳川家康殿を討とうとしているのだ。私は兼ねてより家康殿に、何かあった場合に誓約がある。それをお前、徳川方を襲うとは・・!」 「分かるか、亡き太閤秀吉様の仰せの如く、秀頼君に叛かず、徳川殿の命を重んじるべきであったのだ!」

 直茂から制された勝茂も仰天。

 「私は若輩にて察しがついていなかった・・。また母上が大阪で人質に取られていた故、大阪の奉行達の策に落ちた。誤ってしまった。」

 「返す返すも無念なり。後悔すれど手遅れは明白だ。この上は徳川様の御使いを乞い速やかに腹を切る。父に罪を被せてはならぬ。」

 絶望する勝茂に対し、家臣たちが諌める。

 「まずもっては徳川様に申し開きをし、許しが無い場合には御自害も考えるべきでございますが、殿は21歳、まだ御若い。」

 「殿。徳川様も、兼ねてよりの直茂様との誓約を思し召され、寛容な御沙汰もあるやも知れませぬ。まず申し開きを。」とて、鍋島勝茂より甲斐弥左衛門を家康の陣に遣わし、西軍に加担してしまった経緯等を弁明した。

 一方で、勝茂家臣の久納市右衛門が、ひそかに黒田長政の陣に向かい、家康への取りなしを懇願した。

 
 黒田長政も、久納の志に心動かされ、井伊直政と語らって、処分が軽くなるように徳川家康に言上した。

 結果的に徳川家康は言明して曰、「私はそなたの父直茂と約束がある。約束は守るぞ。」とて立ちどころに龍造寺高房・鍋島勝茂は赦免された。同時に急ぎ下国の上、柳川の立花宗茂成敗を命じられた。

 
 鍋島直茂は佐賀に居て、関ヶ原以後の政局の動静を窺って居た。

 とにかく勝茂の安否が心配であったが、今回島津、立花、毛利などが西軍に加担したため、徳川の大軍が九州討伐へ寄せて来る事も予測された。これを覚悟し、備えのための仕組みを早くも手配していた。




FC2blog テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2013/02/04 00:11】 | 歴史のこと
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。