胸にひそめた、私的もののあはれ等。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おんな【女】 ― ほんものの女は所謂女らしさをきっぱり棄てて、なお美しいひと


おとこ【男】 - ほんものの男は男であることを断固引き受け、なお哀しいひと



/ 柳美里  「私語事典」より




もう長い間、記憶にのこって消えないのが、この言葉。

ほんとだなぁ、と思います。


女らしさをすてた時の女は、男にとって女らしく、愛らしく、みえてしまう。
そういうパラドックスも、ありますね。

これは、女を捨てられない、というよりも、男が女を、捨てられないということのような気がする。


そして男のことは、らしさをきっぱり棄ててしまった男、っていうのを、まだ見た事がない。
男という性別ではないと自認しているひとに関しては、別ね。

棄てられない、ということなのだろうか。

棄てられないから、引き受けざるをえない。

だから、断固となる。ならざるをえない。それはたしかに、哀しいことだ。













追記を閉じる▲
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

【2011/04/18 02:22】 | セルフヘルプ
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。