胸にひそめた、私的もののあはれ等。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


昨日緊張して眠れない時間に、
布団に入ってぼーっとしていたら、
屋根をつたって落ちる、雨だれの ぴたん  っていう音が、
質感を伴って鮮明に、耳に入って来た。

クオリア。

ちょうどその時、明日、あなたにとって文学とは何ですか、と聞かれた時どうしようと思い、返答を考えていて、

ひらめいた。


文学は、雨だれに似ている。
物語の書きだしは、雨だれのまさに落ちんとする瞬間に似ている。

雨粒が雫を成し、自らの重さに耐えかねて、落ちる。
これは文学の動機に似ている。

プロセスは、雨だれが、重力にひかれて落ちていく様であり、
ぴたん という音は、読了後の余韻に似ている。

さらに、小さな雨だれは、誰も気づかぬうちに、大地の表面を微細に、穿つ。
これはその本がもたらす、ささやかなインパクトににている。

大地の表面は、読み手の心。
数ミクロンであっても、心に読んだ痕跡を残す。

読めば読むほど、心の地表は削られる。
ぴたん、ぴたん。

ぴたん、は地面に干渉する時、波紋をもたらす。
その震動は、自己を超えて、外部の世界にも波及する。

そうして、自己の心は形作られて行く。
他者との関係性も、形作られていく。

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2011/05/11 14:27】 | セルフヘルプ
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。