胸にひそめた、私的もののあはれ等。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


またもや訃報である。
今度は昔お世話になった外科医の先生。50歳に至ってないのではないか。
あんなに元気だったのに。信じられずネットで検索するが(それなりに名が在る人であったので)詳細不明。

しかしね・・先生と懇意の人から電話があったので、まず間違いはなかろう。

今度、みんなで墓参りにでも行くかね、というお誘いでもあった。
墓参り・・・って。亡くなられたのは昨年11月、ガンとの事。マンションは内縁の奥さんに譲渡されたそうである。
つまり死期を悟っていたという訳か・・。

早すぎる訃報。今と同じ、当たり前の時間、というのは有限なのだなぁと、改めて思う。新年。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

【2014/01/11 22:21】 | 歴史のこと
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。