胸にひそめた、私的もののあはれ等。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下、『歴史とは何か』 E.H.カー著(清水幾太郎訳 岩波新書 2015.9.4再版)P48〜49より。


『私たちはしばしば歴史のコースを「進行する行列」として論じます。まあ、この比喩は結構なものでしょう。但し、この比喩に誘惑されて、歴史家が、聳え立つ岩角から四方を見渡す鷲やバルコニーに立つ重要人物のつもりになるようなことがないとしての話であります。それはとんでもないことです。歴史家もまた同じ行列の別の部分に加わってトボトボと歩み続ける、もう一人の影の薄い人物にほかならないのです。それに、行列がうねって、あるいは右へ、あるいは左へと曲がり、時には逆戻りするのにつれて、この行列のいろいろの部分の相対的な位置が絶えず変化しますから、例えば、一世紀前の曾祖父よりも今日の私たちの方が中世に近いとか、シーザーの時代はダンテの時代よりも現代に近いとか、そう言うことが多いに有意味かも知れないのです。行列―と一緒に歴史家―が進むにしたがって、絶えず新しい展望が開け、新しい視角が現れて参ります。歴史家は歴史の一部なのです。現に歴史家が立っている行列中の地点が、過去に対する彼の視角を決定するのです。この公理は、歴史の取扱う時代が彼自身の時代から遠く距っている場合でも同じように通用するものであります。』


ここでは使命あるプロの歴史家論だと思いますが、歴史に学ぶ一般人にも通じる話で、さらに歴史を、主体的に学んでいる自覚のない勉強家や評論家にも通じる。

私がひとり心の中で標榜している指針の言葉がいくつかあるのですが、
その中のひとつに、【死屍累々の途(みち)】というのがあります。

端的にいうと、頭でっかちで終わる道です。ロジックはロジックであり、それ以上でも以下でもありません。知識をOUTPUTして活かさない、かつ自己を戒めない。世の中、身近に頭の良い人、鋭い評論をする人、博覧強記の秀才はたくさんいます。しかし一生何も行動なく考えているだけでは、結果的に何も考えて居なかったひとと同じです。何か形に残さない限りは。
身近でそういうタイプの人を見るといつも、「ああ、この人も死屍累々の途か」と心のなかで呟きます。

つまり歴史に学ぶとは、ひとつの見方として、死屍累々の途に向かって「進行する行列」に、加わらないことじゃないのかと私は思っています。悪い過去は繰り返してはならない。大きく言えば過去の戦争も繰り返してはならない。死屍累々の途に向かって「進行する行列」の人には(E.H.カーの言葉をもじれば、同じ行列に加わってトボトボと歩み続ける、影の薄い人には)、最近ツイッターが格好のツールのように思います。思弁を世間に流し、あたかも世の中に影響を与えることが可能のように錯覚する。匿名性も武器です。だから見事に、そういう人のツイートは偏向している。特徴的なのは、学者や著名人の説をリツイートしまくる。自分の主張として刷りかえる訳ですね。でもそこは仮想空間、疑似脳内。いうほどの運動エネルギーは生まれない。日々膨大な言葉と時間だけが流れていく。そう、時間だけが流れていきます。生身の体は老いていきます。


『利発は分別の花、花咲き、実ならざる類多し。』  by 鍋島直茂



今なにをするべきか、の問いは歴史家固有のものではありません。人間の普遍的な問いです。
そのヒントは過去の歴史、俗な言い方だと他人の歴史に学ぶ事。ものを知っているだけでは死屍累々の途。

ちょうど読んでいた本のフレーズ「進行する行列」と、思考がリンクしたので珍しく語ってみました。(笑)私にとっての「今なにをするべきか」は、歴史関係では来年も企画の形として、ネット上ではなく現実社会に顕現します。後の褒貶は他人の主張です。


もう一つ、言葉を紹介しておきます。

『昔と今って、繋がってる。私がよく申します。何のために歴史を勉強するの? 今日のことを勉強する。今日の事を勉強するために、歴史を勉強しないと、明日どうしていいか分からない。それが歴史なんですね。』

/ 「城あれこれ」− 杉谷昭 
『鍋島閑叟―蘭癖・佐賀藩主の幕末』 (中公新書) 新書 – 1992/3刊著者。
佐賀城本丸歴史館初代館長。若い人へ向けての”寺子屋講話”)


FC2blog テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2015/11/23 11:54】 | 歴史のこと
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。